高融点金属.com
高融点金属.com
高融点金属.com > 高融点金属の加工方法

高融点金属の加工方法

金属の加工方法は多岐にわたります。
製品としてだけではなく、製品に使われる部品、それらをつくるための金型など、いずれも金属それぞれの性質を見極めた、高度な加工技術が求められます。
とりわけ高融点金属は、鋼やステンレスとは比べ物にならないほどの硬さで脆い金属であるため、加工には高い専門技術が必要です。

金属の加工には、多種多様な方法があります。
・機械加工
旋盤、フライス、マシニングセンタ、放電
・板金加工
絞り、丸め、カシメ、溶接
・表面処理
電解研磨、溶射、ブラスト

例えば、タングステンは強靭な硬さが特徴ですが、欠けやすいため、細かな加工には放電加工が有用です。
それに比べてモリブデンは加工がしやすく、穴あけ・曲げ・絞り加工などに使われます。

タングステンの加工はクラフトにお任せください

上に挙げた加工方法の中から、いくつかをご紹介します。

旋盤とフライス加工

さまざまな加工に使われる旋盤は、加工の対象となるものを回転させ、フライス盤は逆に固定して刃を回転させることで、加工品をつくり出します。
フライス盤は、穴開け、平面加工、溝加工などができます。
横向きのフライス盤では切断加工も可能で、多様な用途に利用できます。

マシニングセンタ(machining center、MC)

コンピュータ制御による金型の製造を中心として、金属部品の研削・穴開け・中ぐり・ねじ切り・金型製造などに役割を発揮します。
従来のNC工作機械とは、工具の交換を自動でできることが大きな違いとなっています。
ひとつの加工対象に、一度にたくさんの加工の工程を施すことが可能になり、効率やコスト面で大きく貢献しています。

電解研磨

金属を電解液によって陽極電解し、不純物を溶解除去し、不働態被膜によって耐食性を与える効果が期待できます。

高融点金属の修理や加工などに関する要望に、単品でも相談に乗ってくれる企業は少なからずあるようです。
コスト面の見直しにも一度相談してみるのもいいかもしれませんね。